AIoT-Lab

AIと画像解析プログラミング

「 Teachable Machine 」

TMワークショップ 第2弾!!!

∼Scratch+TeachableMachine

LINEを連結させよう∼

画像、音声、ポーズを認識するようコンピュータをトレーニングすることで

サイトアプリなどに使う機械学習モデルを簡単に作れます

専門知識やコーディング技術は必要ありません!!

どんなことをするの?

Step 1

ジェスチャーでトレーニング!!

Teachable Machineの使い方とプログラム方法を学ぼう

Teachable Machine : https://teachablemachine.withgoogle.com/train

Step 2

IFTTTとScratchでLINEにメッセージを送ろう!

IFTTTでのレシピ作成とLINEにメッセージを送るためのプログラムを学ぶよ

IFTTT : https://ifttt.com/

Step 3

Teachable MachineとLINEを連携させよう!

Step1とStep2で学んだことを生かしてオリジナルレシピを作るよ

Scratchは、MITメディア・ラボのライフロング・キンダーガーテン・グループの協力により、Scratch財団が進めているプロジェクトです。

https://scratch.mit.edu

参加するには?

1.インターネット環境が整っていること

2.基本的なパソコン操作ができること (コピペなど)

3.使うパソコンにカメラ機能がついていること (タブレット、スマホ等での参加は不可)

4.基本的なスクラッチの操作ができる、またはスクラッチの経験があること

5.LINEアカウントがある(保護者のアカウントでも大丈夫です)

スケジュール

今回のプログラムは2日間連続のワークショップとなっています。

日はコマンドやプログラムを使ってブロックや人を動かす方法を学びます。

2日目はオリジナルのプログラムを作り、他のお友達に紹介・発表をしてもらいます!


第1回日程

【初日】 導入    8/21(日) 9:00〜 10:30  

【2日め】制作&発表 8/22(月) 9:00〜 10:30  


第2回日程

【初日】 導入    8/23(火) 9:00〜 10:30  

【2日め】制作&発表 8/24(水) 9:00〜 10:30  


第3回日程

【初日】 導入    8/24(水)14:00〜 15:30  

【2日め】制作&発表 8/25(木)14:00〜 15:30  


第4回日程

【初日】 導入    8/26(金)14:00〜 15:30  

【2日め】制作&発表 8/27(土)14:00〜 15:30 


・ご自身のパソコンをご準備下さい。

・体験教室はテレビ会議にて開催します。

・詳しくは受付後にメールにてご案内致します。